石井真児行政書士事務所

お客様の身近な問題の解決を法律家の目でお手伝い!
  • 石井真児行政書士事務所

    ■住所
     〒314-0408
     茨城県神栖市波崎8669番地
     TEL:0479-26-3385
     FAX:0479-26-3384
    ■営業時間
     平日 9:00~18:00
     時間外・休日も相談を承ります
     (要予約)
    ■代表者のプロフィール
     1. 富士短期大学経済学科卒業
     2. 東証一部上場企業勤務34年
      在職中に身に付けた知識・技能
      1)債権回収のエキスパート
       ・実務経験30年
      2)マネジメントのエキスパート
       ・業務マネジメント経験5年
      3)安全管理のエキスパート
       ・安全管理経験10年
       ・安全運転管理者歴3年
      4)人事(採用,評価)のエキスパート
       ・委託員・パートタイマー採用
        実務経験10年100人超
       ・職員の人事考課
        実務経験10年
        延べ100人超実施
     3. 運行管理者(貨)有資格者
     4. 申請取次行政書士
      東京入国管理局届出済
        (東)行13第267号
     5. 特定行政書士
      許認可の申請から
       不許可に対する不服申立まで
        一貫して対応いたします。

    代表者 石井真児のブログ
    「あなたの街の法律家」いしいしんじの徒然日記

相談料無料

石井真児行政書士事務所について

  • 石井真児

    石井真児行政書士事務所は、茨城県神栖市に地域密着型の行政書士事務所として開設しました。
    お客様の大切な財産、権利を守るために行政書士法に基づき、官公署に提出する書類の作成の代理などを行います。
    お悩み事、お困り事もどうぞ一度ご相談ください。
    わかりやすい説明で問題解決のために誠実に対応いたします。
    私どもは、個人の権利、ひいては社会全体をより良くするためにお役に立てる存在であれば幸いと考えています。
                   石井 真児

主な業務内容

  • 暮らしの困りごと 解決のお手伝い!
    イメージ画像

    『クーリング・オフ』
      お客様が後悔しないようサポートします!
                          >>詳しくはこちら

  • 中小企業支援
    イメージ画像

    『株式会社』『社会福祉法人』『事業協同組合』
    設立,許認可,届出,報告,運営

    トータルでサポートします!
                          >>詳しくはこちら

  • 貨物自動車運送事業コンサルタント
    イメージ画像

    『経営許可』『営業所の新設』『事業報告』
     全力でサポートします!
                          >>詳しくはこちら

■ こんな相談にも応じます

  • 【暮らし】に役立つ

     ◎日常生活でお困りの時
      ・クーリングオフの手続き
      ・未成年の子がした契約の解除
     ◎契約書を作りたい
      ・土地売買,金銭貸借等
     ◎自動車の登録
      ・車庫証明
      ・所有者の変更
      ・使用者の変更
     ◎外国人の方の諸手続き
      ・在留資格認定証明書交付
      ・資格外活動許可
      ・在留資格変更許可
      ・在留期間更新許可
      ・在留カード記載事項変更
      ・帰化、永住許可
      ・その他

  • 【仕事】に役立つ

     ◎法人の設立・運営・許認可・届出・報告
      ・株式会社
      ・社会福祉法人
      ・事業協同組合
     ◎事業に必要な許認可を取りたい
      ・風俗営業
      ・古物営業
      ・貨物運送業
      ・建設業

【トピックス・中小企業】ちいさな企業未来会議に参加してきました


ちいさな企業未来会議の参加報告

中小企業庁及び経済産業省が主催している”日本の未来”応援会議~小さな企業が日本を変える~(略称「ちいさな企業未来会議」)地方会議【茨城県水戸市】に参加してきましたので、会議で出された問題点及び意見の概略をお知らせいたします。

この会議の設立趣旨(要旨)
我が国企業の9割以上を占め、我が国経済を支える中小・小規模企業が、その潜在力・底力を発揮し、元気になることを目指して、中小・小規模企業の経営力・活力の向上に向けた課題と今後の施策のあり方を討議し、実行する。

テーマ1「中小・小規模企業を巡る実態・課題とこれまでの政策の評価等」
(1)新商品開発及びその販売・営業活動について
●新商品開発中のつなぎ資金、販売・営業活動における資金繰りに苦慮している。
(2)海外展開について
●為替リスクを懸念している。
●販売・営業活動において、言葉の壁・文化風習の違いを克服するために、現地での専門スタッフによる支援を強化して欲しい。
●海外へ出ていくことにより、技術・人材の移転による産業の空洞化等のリスクを懸念している。
《中小企業庁の回答》
◎少子高齢化・人口減少により、国内の需要が縮小していくので、海外に出て世界市場で売り込む必要性を感じている。

テーマ2「次代を担う若手・青年層、女性の活力発揮」
(1)若手・青年層の活力発揮について
●起業したての頃、行政の様々な補助金等の情報を知る機会がなく、必要な補助を受けられずに苦労した。
(2)女性の活力発揮について
●結婚・出産を機に離職する女性が多い、子供を預ける施設(保育園等)が少ないのが課題。
●人材として育成しても、これからという時に離職されてしまうケースが多く、次に女性を採用することを躊躇してしまう。
●育児休業を取得する人は増えているが、休業中の人の代務者を手当てすることが難しい。
●育児休業を取得する側も、職場の仲間に負担をかけてしまうことについて心理的負担を感じている。

テーマ3「地域の中の中小・小規模企業(商店街等)」
●郊外型の大規模商業施設の進出により、商店街が空洞化している。
●東日本大震災により被災した事業者は、元々資金繰りが厳しいところに、復旧に対する追加融資を受けられずに廃業・撤退する者が多くいる。
○商店街独自のイベントを実施して活性化を目指している。
 ・各商店で100円の商品を1品以上用意し、100円商店街の実施。
 ・地元の小学生に各商店で商売をしてもらう。

《会議の中での提言》
◎経営者の姿勢として経営理念・経営方針・経営ビジョンを明確にし書き物として残すべきである。
 ・日経ビジネスのデータとして、理念がある会社とない会社を比較した場合、20年後の成長、営業利益率を見ると、理念がある会社は7.8倍、ない会社は3.6倍と、単純に経営理念があるかないかだけで成長度合いが倍以上違いが出ている。
 ・経営理念は企業の成長に大きな影響を及ぼす。

以上の他にも沢山意見が出ました。中小企業庁では今回の会議で出された意見を集約し、6月にまとめて今後の中小企業政策に活かすそうです。

ちいさな企業未来会議についての詳細は こちら 「中小企業庁HP」

事務所案内

  • アクセスマップ

    石井真児行政書士事務所

    ■ 〒314-0408 茨城県神栖市波崎8669番地
    ■ TEL:0479-26-3385
    ■ FAX:0479-26-3384
    ■ 営業時間:平日 10:00~17:00
      平日の営業時間外及び土日祝日については、
      ご予約いただければご相談を承ります。
    ■ 主な業務内容
     1.法人  株式会社  事業協同組合
     2.営業  風俗営業  古物営業
     3.福祉医療  社会福祉法人 老人福祉施設
     4.運輸交通  特殊車両通行 貨物運送業
     5.建設  建設業  農地
     6.外国人  技能実習 監理団体許可   特定技能 登録支援機関許可
              技術・人文知識・国際業務 インターンシップ